電話での問い合わせ

電話番号 050-3704-1111
受付時間 平日09:00から18:00

 

問い合わせ・申込フォーム

弊社に興味をお持ちいただきありがとうございます。
頂いたお問い合わせ・申込内容を確認次第、担当者より1~2営業日後をめどに、ご連絡をさせていただきます。なお、すぐに確認したい内容があった場合や、土日などの時間でのご連絡希望がありましたら、その旨を「お問い合わせ内容」の欄にご記入ください。可能な範囲で対応をさせ頂きます。





目的
必須


※どのサービスを選んだらよいか迷った場合は、「貴社へのオススメサービス」の質問に回答頂くと、貴社にあったサービスを自動で案内させて頂きます。
会社名
必須

例)株式会社○○○○○

部署・役職名
任意

例)代表取締役

お名前
必須

例)品川 次郎

お名前(フリガナ)
必須

例)シナガワ ジロウ

郵便番号
必須

例)108-0074

住所
必須

例)東京都港区高輪3-25-22

メールアドレス
必須

例)ex@kaisya-baikyaku.com

電話番号
必須

例)03-0000-0000

連絡方法
必須

お電話メール
※ご希望の連絡方法をお選びください。なお、もしもご希望の連絡方法として固定電話を選択された場合には、社名でなく個人名で電話を致しますのでご了承下さい。
お問い合わせ内容
必須


お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。
詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。
プライバシーポリシー」に同意いただける場合は、「同意する」にチェックを入れてください。
必須

同意する

貴社のおすすめサービス

質問に回答いただくと、貴社へのオススメサービスが表示されます。

質問
下記の中から、希望する内容が一番近いものをお選びください。

 

サービスメニュー

1. 無料診断サービス
2. 無料セカンドオピニオンサービス
3. かいしゃ売却支援サービス(有料)

会社を売りたくなったら読む本

新型コロナウイルスは中小企業へ甚大な影響を与えています。補助金、特別融資を駆使してどうにか存続しているのが現在の中小企業の姿です。いつかは分かりませんが、確実に現在のような補助金、特別融資は終了するでしょう。その時がくれば、多くの中小企業は、膨れ上がった借入による債務超過と赤字事業に悩まされることになります。後継者もいなければ、廃業したいのが本音ですが、債務超過ですから借金だけ残る事態は避けたい。残るは破産しかないのか。。。
他にも策はあります。
大変なことは承知していますが、企業再生をした上で売却することが可能です。
黒字化した上で債務超過を解消することが理想ですが、まずは黒字を目指しましょう。
安定的に黒字計上ができるのであれば、過大負債は処理できる可能性があります。
過大負債のカットには、これまで経営者の自宅処分がセットでしたが、時代は変わり経営者の自宅を残しながら実行することが増えてきました。
企業再生後の売却にも役に立つ情報をお伝えしておりますので、よろしければご購読ください。