かいしゃ売却は経営者のエグジット

経営者の中には、会社を売却することに引け目を感じる方もいるようです。もうその考えは古い固定観念でしかありませんので、早急に捨て去るべきです。既に会社売却は極めて合理的で、積極的な手段として認知されています。考えてみてください。売り手からすれば、買い手である大企業の販路が使える、希望すれば優秀な経営人材を派遣してもらえる、財務基盤が安定するため成長戦略が描きやすくなります。また、買い手からすると、自社に無い技術や特許、独占販売権、顧客、新たな売上高と利益を一気に確保することができます。ここには売却せざるを得なかったという後ろめたさも、買収して救済して上げたという上から目線も一切ありません。両社の経済合理性が一致した結果であり、文字通りウインウインの関係で、関係者全員が勝者です。

最近の経営者は引け目を感じるどころか、売却で手にした資金を元に新会社を立ち上げ起業家として活躍されたり、株式を譲渡した後はプロ経営者として再出発するなど、会社売却を自身の人生設計の手段として積極的に活用しています。会社売却は、これまで頑張った経営者の人生の最高のエグジット(出口)方法です。

会社を売りたくなったら読む本

ご承知の通り、国内のM&A市場は過去最高を記録しておりますが、その陰で主な売手となる中小企業があまりにも安い価格で売却されている実状があります。主な買い手である大企業は、M&Aに関して専門的な知識を社内に有し、何度でもM&Aを行うリピーターですが、売り手の中小企業は専門知識が不足し、さらに一生に一度しか取引しないスポット客であることが不幸の原因です。長年中小企業を支援してきた著者としてはこの状況をどうしても看過できず、出版を決意しました。社長の一生に一度で最後の大仕事である会社売却で後悔しないために、拙著を社長の武器又は参謀として使って頂ければ幸いです。
現在、会社売却を考えていない社長にとっても拙著は有効です。いつか必ず承継、売却、廃業のどれかを選択する日がやって来ます。その際、会社の売却価格や売却時の社長の手取額が分からなければ、正しく比較検討することはできません。拙著では、簡単に会社の売却価格、社長の手取り額を算出する方法も記載しております。