M&A仲介会社、FAに限らずM&A支援会社のほとんどのコンサルタントは経営経験がありません。
新卒から一貫してM&Aを究める方、税務・会計コンサルタントと兼務で行う方、金融機関をはじめとする事業会社からの転職者等が典型的なM&Aコンサルタントの職歴ですが、ほとんどがこれまで経営者の経験がありません。確かにM&Aに関する十分な知識・経験を有してはいますが、社長の悩みを実感を持って理解することは困難です。経済合理性から検討するとこうやって解決すべきだと思いますとは言ってくれます。おそらく経済合理性だけを考えればその通りでしょう。しかし、社長の悩みは自身の経済合理性だけでなく、家族のこと、従業員のこと、取引先のこと、これまでの恩義、世間体、地域への責任等まで含めたものです。経営経験が無ければ、これらは想像の産物でしかなく実感を持つ事ができません。一生に一度の会社売却のパートナーは、同じ経営者目線で話ができ、しがらみまで含めたトータルの悩みを解決できる人を選ぶべきです。
本来のM&A支援の目的は、狭義の経済合理性の追求にとどまらず、広義の経済合理性の追求またはモヤモヤした悩みを整理・体系化し最適な解を求めることだと思います。
当社は、M&A実務に関する十分な知識・経験を持つ事は当然として、多様な企業での経営経験者が支援にあたります。



会社を売りたくなったら読む本

新型コロナウイルスは中小企業へ甚大な影響を与えています。補助金、特別融資を駆使してどうにか存続しているのが現在の中小企業の姿です。いつかは分かりませんが、確実に現在のような補助金、特別融資は終了するでしょう。その時がくれば、多くの中小企業は、膨れ上がった借入による債務超過と赤字事業に悩まされることになります。後継者もいなければ、廃業したいのが本音ですが、債務超過ですから借金だけ残る事態は避けたい。残るは破産しかないのか。。。
他にも策はあります。
大変なことは承知していますが、企業再生をした上で売却することが可能です。
黒字化した上で債務超過を解消することが理想ですが、まずは黒字を目指しましょう。
安定的に黒字計上ができるのであれば、過大負債は処理できる可能性があります。
過大負債のカットには、これまで経営者の自宅処分がセットでしたが、時代は変わり経営者の自宅を残しながら実行することが増えてきました。
企業再生後の売却にも役に立つ情報をお伝えしておりますので、よろしければご購読ください。