既に会社売却を社長が決断しており、M&A仲介会社等と会社売却の支援契約を締結している社長に向けたサービスです。
社長にとってはおそらく初めての会社売却でしょうから分からないことだらけ、不安だらけという状況になっても仕方ありません。ぱっと思い浮かぶだけでも、いくつも出てきます。

実をいうと専門用語ばかりで意味が不明だ。一般的な文章に訳してほしい。
支援会社がリクエストに応じてくれず、買い手側に立っているようで不安だ。
そもそも提示された買収価格は妥当なのか?
社宅となっている自宅をどうやって買い戻すのが良いのか?
引継ぎ期間をもう少し短くする方法は無いか?
退職金が検討課題に挙がっておらず、不安だ。

そこで当社は会社売却を行う社長が後悔しないよう無料でセカンドオピニオンサービスを提供いたします。

無料セカンドオピニオンサービスで得られるメリット

1.価格の妥当性と想定価格が分かります。
2.価格を上げる方法が分かります。
3.価格以外の条件の改善方法が分かります。
*価格及び条件の改善については、結果を必ずしも保証するものではありません。

対象 既に会社売却を進めている中堅・中小企業経営者
費用 無料
診断
相談時間
1時間
場所 東京都新宿区新宿5-15-14 INBOUND LEAGUE内
地方のお客様はTV会議で行うことも可能です。
TV会議で解決しない場合は、訪問することもあります。
秘密保持契約 お客様の情報を守るために秘密保持契約を締結いたします。
秘密保持契約を締結せずに概要情報のみで診断することも可。
機密保持契約書のサンプル
お聞きする内容 社長の主な希望条件
提示されている主な条件
事業内容と現在の業績並びに将来の業績予想
頂きたい資料 会社概要、製品・サービスカタログ
直近3期分の決算書一式
M&A仲介会社等との支援契約書
成果物(口頭) 想定される売却価格とその根拠
価格及び諸条件の改善可能性とその方法

 

 

会社を売りたくなったら読む本

2018年10月20日にPHP研究所から「会社を売りたくなったら読む本」が発売されました。著者は、本サイト運営責任者の坂本利秋。

M&A市場の状況から、「事業継承、売却、廃業どれがいいの?」、「もし売ったらいくらで売れる?」といったことを売り手となる中小企業経営者の立場になって書いています。現在は売却を考えていなくても、将来はその可能性がある、あるいは自社の値段を知りたいという経営者にオススメです。是非、書店にてお求めください。