倉庫/運送会社
代表取締役社長 M様

会社売却を決意した理由を教えて下さい
地方で冷凍・冷蔵の倉庫業と運送業を営んでいます。
業績は堅調に推移していたのですが、設備の老朽化が長年経営上の課題でした。
また、今後はIT投資が必要なことも自明です。設備を新設すれば良い事は分かっていましたが、新規の借入については中々決心がつきませんでした。そこで資金力のある企業の傘下に入る事を決意しました。

 

当社との最初の接点を教えて下さい。
坂本さんが開催した会社売却のセミナーです。当時は売却の意思はなく、あくまで勉強目的で参加したのですが、セミナー中に会社の売却価格と私の売却手取額を計算するコーナーがあり、その結果が思いのほか良かったことから真剣に考え始めるきっかけになりました。その後、現地調査とそのレポート結果を見て、お任せすることにしました。

 

会社売却でどんな苦労がありましたか。
地元の業界団体の代表をしていることもあり、地域で変な噂が立つことだけは絶対に避ける必要がありました。そこで当初は地元以外の企業への売却を考えたのですが、中々決まらなかったことですね。興味を持つ先は何社かあったのですが、規模感がマッチしなかったようです。そこで坂本さんの「確実に安全なルートを使いますから、地元企業へ打診してみませんか」という助言に乗ったところ、一気に売却が進みました。

 

現在の状況を教えてください。
資本力のある企業の傘下に入りましたが、当社の代表取締役を継続して務めています。
設備投資の懸念も払しょくされただけでなく、各種ツール、手法も導入でき、経営体質が強化されている実感があります。会社売却をして本当に良かったです。

 

当社をおすすめしますか。
はい(笑)。きちんと説明をしながら事を進めてくれるので、安心して付き合うことが出来ました。また、個人的に支援している農家さんに対して、販路開拓のために飛び込み営業までしてくれるのには驚きました。

 

会社を売りたくなったら読む本

ご承知の通り、国内のM&A市場は過去最高を記録しておりますが、その陰で主な売手となる中小企業があまりにも安い価格で売却されている実状があります。主な買い手である大企業は、M&Aに関して専門的な知識を社内に有し、何度でもM&Aを行うリピーターですが、売り手の中小企業は専門知識が不足し、さらに一生に一度しか取引しないスポット客であることが不幸の原因です。長年中小企業を支援してきた著者としてはこの状況をどうしても看過できず、出版を決意しました。社長の一生に一度で最後の大仕事である会社売却で後悔しないために、拙著を社長の武器又は参謀として使って頂ければ幸いです。
現在、会社売却を考えていない社長にとっても拙著は有効です。いつか必ず承継、売却、廃業のどれかを選択する日がやって来ます。その際、会社の売却価格や売却時の社長の手取額が分からなければ、正しく比較検討することはできません。拙著では、簡単に会社の売却価格、社長の手取り額を算出する方法も記載しております。